Liatris

 

 

 

 

しっかりと存在している筈なのに
しれっと ふらっと 消えてしまいそうな
そんな雰囲気を纏っている彼は

 


言葉選び 、旋律 、声
自身から紡ぎ出されるものすべてに
繊細さと感情が溶け込んで
唯一無二の芸術を創りあげる

 


それはもう 、抜け出せないほどの中毒性

 


魅せ方をこれでもかと熟知した 
確信犯である彼は 、

役に立たない私の理性などすり抜けて 
心臓を掴み、意識を引き寄せるかの如く
凡ゆる人の心を容易く惹きつける

 


聡明さ 、器用さ 、感性
彼が持つもの 成すものに
ひとつも零すことなく
心を奪われるのでしょう

 

 

 


斜に構えているといわれる彼の
大半を占めている存在と愛情

 


私に出来ることなど片鱗もありませんが
どうか 、永遠に

守り続け 、守られ続けてくれますよう 、

貴方と 、貴方の大事な人達が
どうか 、健やかで幸せでありますよう

心から願っています

 

 

 

 


二宮和也さん
36度目の誕生日を迎えられた
その奇跡
又 、貴方の存在 「アイドル」としての生き様に 、
心から敬意を表し 、感謝致します

 

嵐として 、生きて下さったこと
「偶然」 であり 「運命」 でもある
4人との出逢いに 、
咲き乱れるほどの笑顔と多謝を

 

 

 

 

“ 5 ”

 

 

 

『 「当たり前」 を 「当たり前」 だと
無意識的に認識した時から
人は考えるのをやめて 、違和感を忘れて 、
傷つける可能性など遥か彼方に置いてきてしまうのだと思う 』

 

 

2018年11月3日


何も知らなかった私が書いた
形だけの 、文字の羅列
今の私からあの時の私へ
怒ることはしません 叱りもしません
けれど 、一言 、念を押させて欲しい

 


「 当たり前を当たり前だと

〝無意識的に〟認識した時から
その無意識にも目を向けてね 」

 


はっきりと覚えている訳では無いけれど
あの時の私は
そんな言葉を羅列しておきながら
無意識的に 、「遠い未来」である前提でいたのだろう


それが無意識であるとは露知らず
嵐が年月をかけて決めた事実を知る時が
直ぐそこに迫っているとも思わず

 


考察や心の整理は苦手なので 、
過去のことではなく
今 1月30日19時43分 の自分を
此処に置いておきます

 


私の心には
「行かないで欲しい」 「永遠であって欲しい」
そう静かに泣き喚く自分と


「有難う 待っています」 「いつかまた、その時まで」
そう前を向こうとする自分と


「嵐のいない世界で生きていけるのか」
そう恐怖に怯える自分がいます

 


それはもう 、ハウルの家のように
自ら回そうとせずとも不意に動いてしまう
人格が形成されているかの如く
矛盾しながら確りと存在している


生きているだけで良かったなんて
幸せでいてほしいなんて
嵐が嵐でいてくれることに甘えた
綺麗事だったのかもしれません


でも 、今の私は
大野智さん 櫻井翔さん 相葉雅紀さん
二宮和也さん 松本潤さん


嵐を築き 、愛してくれた5人が
どうか幸せであって欲しいと思っています

 


物わかりの悪い私は
櫻井翔さんの淀みない
「 (復活は) あります 」
というコメントでやっと思えた訳ですが


約束が無いと受け入れられない
駄目なファンではありますが

 


決して忘れてはならない
「嵐が嵐を一番に愛してくれている」ということ


嵐は嵐を愛している 
「変わらないこの5人」を大事にしている

 


5人にしか分かり得ない気持ちを
分かった気になりたくはありません
けれど 、愛しているという事実を
惜しみなく伝えてくれたのは 、他でもない嵐

 


痛いほどの優しさも溢れんばかりの愛情も
私は 、少しも蔑ろにしたくはない


我儘だけれども 、2020年12月31日までには
「我儘な自分」と距離が出来ていればいいと思います

 

 


「みんなと一緒に歩いた20年 最高だよ」
そう歌った 優しい優しい嵐に
生きていく上で 、今も 、これからも 、
ずっと甘えてしまうけれど


5人で帰ってきた時 、
「 有難う おかえりなさい 」
悲嘆の気持ちも 、何の迷いもなく言う為に
少しだけ許して下さい

 


20年間 、そしてこれから2年
夢のような存在で居てくれたこと
居てくれること
感謝しかありません

 

 


5人がいたすべての奇蹟に


有難う

Fuchsia

 

 

天上人でありながら
人間離れしていながら


何故だか 、凄く人間くさい 

 

 


知識 口調 言葉遣い 言い回し 文章構成
全く以て隙のない 「優等生」 を

キャラクターとして活かせる程の頭脳と
それに反した 「牙」を表すような
反抗的で野心家な面を併せ持っている

 


変わることのない
左右対称の綺麗な口角の上げ方
頭脳明晰で清廉潔白な印象を保ちつつ
色気と挑発を含んだ
片方だけあがる口角で 、これでもかと魅せてくる

 


誰も彼も太刀打ち出来ない

人間離れした「人間性」を持つ反面 、

包丁を扱うことさえ危うい不器用さ
絵を描かせれば独創性に溢れ
食べ物を前にした瞬間 、礼儀作法は何処へやら

そんな親近感も抱かせる

 

 

「 理想とする人間味の具現化 」

と言えば良いのでしょうか

 

「偶像と人間」という曖昧さが彼自身なら

好きにならない訳もなく

彼を好きにならない私は

きっと 、誰も「好き」になれない

 


まさにアイドル まさに魅力的

 

 

僅かにでも分かった気にさせてくる
錯覚をも起こさせる彼が言った
「夢」まで 、「夢の先」まで 、
醒めることなく共に生きていけるのなら

本望以外の何ものでもありません

 


櫻井翔さん
37度目の誕生日を迎えられた
その奇跡
又 、貴方の存在 「アイドル」としての生き様に 、
心から敬意を表し 、感謝致します

 

嵐として 、生きて下さったこと
「偶然」 であり 「運命」 でもある
4人との出逢いに 、
咲き乱れるほどの笑顔と多謝を

 

 

2018-2019

 

 

 

 

“ 平成最後の夢物語 ”


決して在り来りではないそのフレーズに
当選した瞬間から
漠然とした恐怖を覚えていた


関ジャニ∞ 15周年
嵐 20周年
タッキー&翼 最後のステージ

 


一年ぶんの量ではない
記念が詰め込まれた年越し


コンサートは夢のような時間だと
表現する人は多数いるけれど
私にとっては 、夢そのもので
終わった瞬間 、夢から醒めたように
記憶が朧気になり 、
思い出せる場面が減り 、
次に映像を見た時は絶対的な距離を感じる


だからこそ怖かった
夢物語だと謳っているこのカウントダウンコンサート


何度も確り記憶していようと決意したのに
所詮は夢だと言わんばかりに
既に記憶は朧気で
思い出せる箇所は限られている


確かに夢物語だった
陽射しが入るリビングにいるから尚更
夢から覚めたような気持ちになった


否 、きっと
彼ら自身 「ジャニーズ」 という存在そのものが
夢なのだと思う
彼らによって創り出された空間は
随分と煌びやかで 、華やかで 、
あまりにも眩しかった


徳など積んでもいない
薄汚れた人生に齎された奇跡
夢という名の現実を
例え地獄に突き落とされても
忘れたくはない

 


「平成最後の夢物語」


大きな幸せを 、有難う

 

 

 

Pomegranate

 

 

あれは 、そう 

忘れもしない5年前
2013年4月13日


スクールカースト 
女子のトップに君臨していた彼女に
私は一瞬にして目を奪われた

 

他人を怯えさせるような目つき
派手に巻かれた茶髪で
終始 、冷淡な表情


役柄ゆえか 、彼女自身か 、
圧倒的な存在感を放つ彼女を

美しいと思った

 


冷たい視線 派手ではない言動 
似たようなお友達と群れながら
決して対等ではない
互いに自覚した上での関係
絶対的な存在であるが故の孤独

 


彼女の顔立ちは 、
優しさより美しさを備えていて
凛とした格好良さを感じさせる


だからこそ 、
役柄が彼女にとても嵌っていて
彼女自身がそうであるような
そんな錯覚を覚えた


高尚で 、凛として 、
息を呑むほどの綺麗な顔と
圧倒的なスタイルで
何でもないように他人を蹴落とすような

 


けれど 、彼女は
涙脆くて 、大食漢で 、
大御所に気に入られながらも
やんわりしっかり笑顔を絶やさず距離を保ち
得意顔で歩く場所であろうランウェイで
笑顔を振りまくことにさえ照れてしまうような
そんな 、可愛らしさと「自分」を確立させている女の子だった

 


新川優愛さん
25度目の誕生日を迎えられた
その奇跡に
心の底から感謝致します


貴女は
私にとって 、唯一無二の女神です

 

これから 、貴女が歩むであろう未来に
溢れるほどの幸せが訪れますように

 

 

Chrysanthemum

 

 

 

「 優しいだけではない。優しくいる為にどれだけ強くなければいけないか 」

 


先日 、ドラマで共演された女優さんから
公共電波を伝って 、こんな言葉を聞いた


彼のことを「優しい」という人間は多い
グループそのものも 、彼以外の4人も
それぞれ違う「優しさ」を持っているけれど
彼と共に 、夢を見せている人間が
口を揃えて言うほどには
彼はきっと「優しい」のだと思う

 


彼の優しさは
彼の強さの上に成り立っている

 


こんなに遠くにいる私でさえ感じられる
彼の柔らかくて温かい言動は


「明るい人」 「優しい人」 「笑顔が素敵な人」
そう印象づける 彼の魅力は

 


彼の優しさを支える強さそのものなのでしょう

 


嘘ではない 偽りでもない
ただ 、そういう生き方を選び続けることは
きっと容易ではない

 


ひとつひとつの言葉に
丁寧に 、真っ直ぐに
真心を持って寄り添うことが出来る彼を
心の底から尊敬しています

 

 


相葉雅紀さん
36度目の誕生日を迎えられた
その奇跡
又 、貴方の存在 「アイドル」としての生き様に 、
心から敬意を表し 、感謝致します

 

嵐として 、生きて下さったこと
「偶然」 であり 「運命」 でもある
4人との出逢いに 、
咲き乱れるほどの笑顔と多謝を

 

 

Gladiolus

 

 

 

今日 、38歳を迎えたその人は
私にとって 、神様だと思える人達の中で
一番 神様に近しい人間だ


理屈ではなく
長所短所の類でもなく
私から見える
ひとつひとつの言動や表情すべてを
ただただ肯定したい 、と思えてしまう

刹那る時も 、理想そのものなのでは 、と

思わせてしまう そんな人


肯定や理想に正しさを含まずとも
私の意思で 、私の価値観で 、
夢が醒めるまでの「永遠」
私の中に存在し続けると確信している


如何して同じ時代を生きているのか
如何して私は目にとめたのか
如何して彼は魅了し続けるのか


私の知る限り
10年以上 、他人を魅了し続けている
歌声で空気を操り 、踊りで重力を操り 、
その場にいる人間を圧倒させる


彼の魅力の一部に過ぎないのに
彼に魅了されるには十分だ


「多面性」 「才能」 「特色」 「本質」 「個性」


既存の言葉では当てはめられない
目に見えるものだけではない
彼の存在が魅力だと
静かに 、永遠に 、想い続ける

 


大野智さん 
38度目の誕生日を迎えられた
その奇跡
又 、貴方の存在 「アイドル」としての生き様に 、
心から敬意を表し 、感謝致します

 


嵐として 、生きて下さったこと
「偶然」 であり 「運命」 でもある
4人との出逢いに 、
咲き乱れるほどの笑顔と多謝を